あれから五年
f0056935_16475979.jpg


みなさんこんばんは!バイパスホンダの山下です!

今日も気温も上がらず寒い一日だった本日…

早く春の訪れが来ないものかと思いますが、あの震災から五年…

未だ出口の見えない被災地が今日で丁度五年が経ちます。

本当に早いのか、まだ五年なのかは人それぞれで体感時間も違うかと思います。

震災に遭われた皆様にとってはどちらだったのか私にはわかりません…

この五年での復興はいかほどなのか…

もちろん復興の進んでる場所もあればいまだに手付かずな所もあるかとは思います…

当然復興に向けて前に進んではいるみたいで…



しかしながら本当の復興にはまだまだ時間と莫大な費用がかかると思います。

おそらく原発の災害が無ければもっと早くの復興になってたと思いますが、

どうにも収束の目処も経たず…

というか本当に収束が出来るのかすら…

もちろん今でも出来る事はあるかと思いますが、

出来る人が出来る事をやる!と言うのが大事だと思うし、

災害の少ないこの九州では安定した消費活動を続けて日本を支えていけたら…

また、東京オリンピックも開催される事になっていますが、

自分としてはそこにかかる膨大な費用で早急に復興を推し進めてもいいんじゃないかと…

その予算があれば住めなくなった場所に戻すのではなく

新しい用地に移転して早急に生活の場を提供出来ると思うんです!

おそらく賛否があるのは当然だし、いろんな意見が出ればまた前向きに進むように話し合えば…

また、復興予算も解釈を変えて無駄遣いしてると言うのも現実にあるみたいで

復興省が何かの特権を握ってるのかと疑いそうになる案件も聞きますし…

やっぱり被災者を中心に考えてないと思わざるを得ません…

震災当初も色々と言われながらも自分が出来る事は出来る限りやって行こう!

もちろん被災地でない我々が元気を出し、消費活動もしっかりとし、

いつも以上に頑張るしかないと思いこの五年元気を出してきました。

しかしながら自分自身は被災地にも行ってないので、

現地の方々がどんな思いで生活をしているのかもわからないので安易な事も言えませんし、

簡単に頑張れという事も難しいと感じています。

また、この五年で震災の事を考える時間が減ったのも事実です。本当に申し訳なく思います。

この日が来る事で再認識をし、一人一人が日本の為に出来る事をやっていきましょう!

私も今日は2時46分に黙祷をしたかったのですが仕事の関係上先ほどさせて頂きました。

今日のこの日に追悼式が行われて、皆さんの気持ちがまた一つになれば…

また、被災地の皆様が普通に楽しく暮らせる事を祈って止みません。

また一年次の一年を力強く生きて行きましょう!

九州からもクリックで元気発信!
九州からも元気注入!


九州からは絶え間なく消費と元気をどんどんだそう!

慎んで哀悼の意と、復興へのエールを捧げます。


                                   3月11日 山下 清一
by bphk | 2016-03-11 19:50 | 日記 | Comments(0)
<< 久々のキャンペーン?ですやん! 御当地なアイツ様がいよいよ?で... >>