足早に更新ですやん♪
f0056935_13165643.jpg


みなさんこんにちは!バイパスホンダの山下です!

昨日また、エキサイトさんメンテナンスですか?

えぇ、夜中に来た方誠に残念!

えぇ、昨日早めに更新しといてよかったですよ?

山下です!






はい、今日は何の日行きます!


今から218年前の今日!
 



▲アメリカ独立憲法、施行(1788)



ちなみにこんな感じ↓

f0056935_13213997.jpg




えぇ、物々しくやってますよ?


で、内容はこんなん↓

アメリカ合衆国憲法(-がっしゅうこくけんぽう、United States Constitution)は、

アメリカ合衆国の憲法典である。1788年に発効した世界最古の成文憲法で、

原法典は「1787年アメリカ合衆国憲法」とも呼ばれる。




1776年、大陸会議(各植民地代表者による会議)は独立宣言を発し、

共和政体を採用する13の邦が誕生した。諸邦は、連合規約を結んで地方分権的性格の

強い緩やかな連合組織(諸邦連合)を作った。この諸邦連合は、中央政府である

連合会議が極めて弱体(課税権・通商規制権限・常備軍保持を認められず)であったため、

財政は行き詰まり、治安の混乱にも対処できなかった。



そこで、強力な中央政府の樹立を求める声が高まり、1787年5月、

フィラデルフィアで憲法制定会議が開催された。憲法制定会議では、

中央集権的で強力な連邦政府の樹立を推すフェデラリスト(Federalist、連邦派、

後の連邦党)とこれに反対するアンチ・フェデラリスト(反連邦派、後に民主共和党)

との間の対立や、南部(農業中心)と北部(商工業中心)の間の対立、大きな邦と

小さな邦との間の対立など、数多くの対立を抱えていた。アンチ・フェデラリストは、

憲法案に連邦政府の強大な権限を抑制する権利章典がないことを理由に反対した。



そこで、フェデラリストは、権利章典を追加修正条項として憲法典に取り入れることを提案して

アンチ・フェデラリストの了承を得た。その他にも多くの点で妥協を重ねて成案を得た後、

フェデラリストが中心となって各邦議会での承認を進め、

1788年6月に9邦の承認を得て発効した。




1789年、第1回の合衆国議会は、Bill of Rights(権利章典)と呼ばれる第1修正から

第10修正を付け加える件を審議し可決した。この修正は、1791年、修正に必要な数の

州議会の批准を得て発効した。




えぇ、どこの国でもルールは必要ですね?

やっぱりアメリカともなると一つのルール作るだけでも大変ですよ?

いろんな国の人や地域特性などさまざまな問題解決するのも

すごく時間がかかりますよ?







えぇ、それがですよ?



















一つの家族のルールとなるとですよ?






























あっという間にですよ?可決ですやん♪
 
























えぇ、僕にとっては不利なルールでもですよ?


その場で可決ですやん♪
 




















 


えぇ、山下家ではですよ?



ニョーボが大統領ですやん!





















誠に残念!


(僕、一般庶民



f0056935_13294618.jpg






はい一般庶民は今日も頑張りやがりますよ?



 



で、今日の本題ですがね?波乱だったみたいです↓


moto GP 第7戦 カタルニアGP 決勝

2006年6月18日(日)・決勝
会場:カタルニア・サーキット 天候:晴れ 気温:27℃ コースコンディション:ドライ



第7戦カタルニアGPは、2度の再スタートという波乱のレース。

赤旗中断になったスタート直後のアクシデントで3台がリタイア。

再スタート後のレースでも、5人の選手がリタイア。完走11台という厳しいレースとなった。

その中で、ニッキー・ヘイデン選手(Repsol Honda Team)2位、

ケニー・ロバーツJr.選手(Team Roberts)3位と、Hondaパワーがすばらしい走りを見せ、

その後方では、玉田誠選手(KONICA MINOLTA Honda)が7位でフィニッシュした。

マルコ・メランドリ選手(Fortuna Honda)は、スタート直後の多重クラッシュに巻き込まれて

リタイア。再開されたレースでは、ケーシー・ストーナー選手(Honda LCR)、

ダニ・ペドロサ選手(Repsol Honda Team)、トニ・エリアス選手(Fortuna Honda)が

転倒を喫し、リタイアに終わった。






えぇ、波乱続きのレースにもかかわらずやっぱりホンダのエース!

見事な2位!↓

f0056935_13434952.jpg





おめでとう!ヘイデン!




走りも冴えてます↓

f0056935_1344572.jpg



で、ヘイデン選手のコメント↓

■ニッキー・ヘイデン選手(MotoGP 2位)


「もちろん優勝したかったが、昨日までの状況を考えれば、順調なペースで走ることができた。

金曜日は10位、今朝のウオームアップでも10位だった。決勝は最大限の力を発揮して

走らなければならないと思っていたし、表彰台に立てて良かった。第1コーナーでドラマが

起きてしまったが、レースに集中するよう心がけた。巻き込まれたライダーたちに大きな

ケガがなくて良かった。今日のロッシは、余裕の走りを見せていた。タイヤを

温存していることはわかっていた。特にこのような暑い日はグリップが問題となるので、

彼を抜くことは厳しいと思っていた。今日は賢く、安定した走りを心がけた。

次は優勝を狙っていきたい」




頑張れ!ヘイデン!










負けるなホンダ!







でですよ?笑っちゃいけないんですがね?










僕もコレは聞いた話なんで本当かどうか分かんないんですがね?










えぇ、スタート直後のドラマなんですがね?












えぇ、3台のうちの一台にですね?




ジベルナウ選手が巻き添え食っちゃったらしいんですがね?




えぇ、なんか鎖骨骨折らしいんですがね?




当然救急車で移動したらしいんですがね?




でですね?その救急車…













何でですよ?けが人乗せたまんまですよ?



事故を起こしやがる


のはですよ?


いかがなものか?




って思いますよ?


えぇ、ジベルナウ選手…








鎖骨折った上、事故にもあって…




























まさに泣きっ面に蜂!




























誠に残念!(痛


ジベルナウ選手、どうか安静にしやがって下さい。



すいません…

非常識かもしれませんがね?

その話聞いた瞬間ですよ?


笑っちまったのはナイショってことでよかですか?





まあ、多重クラッシュもですよ?

サーキットの中なんで大惨事まではなんないで良かったですね?

えぇ、コレが一般道だったら?って思うとぞっとしやがりますよ?







ですからですね?一般道を飛ばすな!とは言えないんでですよ?


常識の範囲で楽しくバイクに乗ってくださいね?


一般道はクラッシュ即アウト!ですよ?


そしてバイクもめっちゃ修理代かかりますやん!

まあ、賢い皆さんはお分かりと思いますんでですね?











気をつけるのは僕ってことですやん♪


こころして安全運転に勤めますやん!


では、もうそろそろタイムアップなんで、


さようなり。
by bphk | 2006-06-21 14:01 | 日記 | Comments(0)
<< 買えるもんなら… 明日はやすむぃ~ですよ? >>