今日はレトロに?ですやん!
f0056935_19363464.jpg


みなさんこんばんは!バイパスホンダの山下です!

えぇ、昨日のでてこんかいでの鉄板焼き美味しかったですね?

えぇ、焼きそばも美味しかったし…

でも大量すぎて余っちゃったもんだからですよ?

えぇ、みんなで焼きそば、もって帰ったんですがね?

えぇ、店長さん所も例外ではなくお持ち帰りなんですがね?

えぇ、今日もですよ?

えぇ、なんだかですね?

えぇ、ニョーボさんおっしゃる…















今日の夕飯焼きそばよ♡


えぇ、結婚記念日忘れてたのは僕ですがね?

えぇ、結婚記念日なのに・・・

えぇ、たとえ焼きそば美味しいとしても…

えぇ、なんか美味しいものでも?って思うんですがね?












えぇ・・・



























それって嫌がらせ?















山下です!


(僕のせい?








はい、今日は何の日ですよ?



今から37年前の今日!


▲国産初の人工衛星「おおすみ」打ち上げ成功(1970)


f0056935_1945695.jpgおおすみは、1970年2月11日に東京大学宇宙航空研究所(後の宇宙科学研究所、現在の宇宙航空研究開発機構)が鹿児島宇宙空間観測所からL-4Sロケット5号機により打ち上げた日本最初の人工衛星である。名称は打ち上げ基地のあった大隅半島に由来する。

1966年から観測用ロケットL-3H型に補助ブースターと姿勢制御装置、第4段球形ロケットを追加したL-4Sロケットで打ち上げ実験を開始し、1969年に打ち上げられたL-4T型(L-4Sとほぼ同型であるが、第4段の能力を減じているため、衛星打ち上げ手法の確認は出来ても、軌道投入能力はない)1機の打ち上げを含んで、5回の試行錯誤の後ついに成功した。

その結果、日本はソビエト連邦(当時)、アメリカ合衆国、フランスについで世界で4番目の人工衛星打上げ国となった。また、その2ヵ月後には中華人民共和国も衛星打ち上げに成功している。なお中国を含め、他国は弾道ミサイル開発の副産物として人工衛星打ち上げ技術を習得したが、日本は大学の付属研究所が純粋な民生技術として研究を行い、非軍事目的での人工衛星開発に成功したという点で、国際的に特異性を持っている。

今では考えられないが、L-4Sロケットは誘導制御装置が付いていない、世界初の無誘導衛星打ち上げロケットである。しかし、単に真っ直ぐロケットを打ち上げても軌道には乗らない。何らかの方法で機体を制御し、地表に対して水平に向きを変えなくては、衛星を軌道に投入できないのである。これは決して開発技術が無かったわけではなく、誘導装置はミサイル開発に繋がる軍事技術への転用が可能であるという指摘が野党の日本社会党等から上がり、搭載を断念せざるを得なかったためである。この代替策として、第一段は尾翼による空力的効果で、第二段と第三段はスピンモーターにより機体をスピンさせて安定を保ち、第三段燃焼後、デスピンモータでスピンを停止、姿勢制御装置で第4段を適切な姿勢に制御(この時、ロケットは燃焼していないので「誘導」ではなく「姿勢制御」である)、その後、リスピンモーターでスピンを再び掛けて第4段の燃焼を開始するという、無誘導ではあるが、非常に手の込んだ打ち上げ方式である「重力ターン方式」で軌道に投げ込む方法を取ることとなった。

「おおすみ」は、L-4Sロケットの最上段(4段目)である直径48cmの球形固体モーター(ロケットエンジン)に円錐台状の計器部を付けたもので、全長約1m、質量は4段目(燃焼後質量)の14.9kgと計器部8.9kgを合わせた23.8kgの小さいものである。計器部には軸方向の加速度計、温度計、テレメータ送信機(295.6MHz)、ビーコン送信機(136MHz帯)、パイロット信号送信機(296.7MHz)などを搭載、電力は容量5AHの酸化銀-亜鉛一次電池で設計寿命は電池容量から約30時間であった。

投入された軌道は、遠地点5,151km、近地点337kmの楕円軌道である。ロケットモーターの断熱が十分でなく、機体が予想より高温となったため電池の消耗が激しく、14~15時間ほどで電力供給が途絶えた。そのため、衛星からの電波の発信は終了し、おおすみの運用は終了した。

打上げ後33年間軌道上にあったが、大気との摩擦で高度が低下し、JAXA統合を10月に控えた2003年8月2日午前5時45分、北緯30.3度、東経25.0度(エジプト・リビアの国境付近)にて大気圏に再突入し燃え尽きた。



えぇ、人工衛星!他の国は軍事目的がほとんどなんですね!

でも、最初の人工衛星のバッテリーって15時間足らずだったんですね?

えぇ、今はソーラーパネルや電池の進化で衛星も長寿命なんでしょうね!

えぇ、衛星画像もすごいですよね?

なんか人一人の画像が宇宙から補足できるなんて…

えぇ、本当に悪いことは出来ないし、いくら隠れても無駄なんでしょうね!

えぇ、恐るべし国家事業!







はい、今日の本題ですよ?


えぇ、昨日の整備中の出来事なんですがね?

えぇ、工場長の豊君ちょっと古めのバイク整備してたんですがね?

えぇ、なんと驚き!

そのバイクですよ?

えぇ、豊君の生きてきた歴史と一緒の歳月!

えぇ、そんなバイクまだ走ってるのか!って思うほどの衝撃!




えぇ、本当にビックリ!40歳!


えぇ、でも未だに部品の供給があるらしいんですがね?

えぇ、さすが質実剛健の国ドイツ!

で、どんなバイクかというとですよ?


コレ↓

f0056935_1957960.jpg



えぇ、BMW!なんですがね?


えぇ、未だに新品部品あるらしいんです…

えぇ、国産じゃありえない!

えぇ、さすがBMW!

で、BMWの歴史ってこんな感じ!


f0056935_19592250.jpg1923年「R32」の誕生とともに『BMW Motorrad』の歴史はスタートしました。ボクサーエンジンの誕生から始まり、Kモデル、Fシリーズに至る80年以上の歴史を有するBMW。長きに渡りドイツ本国そして世界中から愛され続けているBMW!

BMW創立の前に、実は前身となる会社がありました。それが『ラップエンジン工業』と「グスタフ・オットー航空機工業」という会社です。この2社が合併し、「バイエルン航空機工業(BFW)」という会社が誕生します。エンジン開発から機体の組み上げまで、航空機生産のすべてを自社で行う会社がBMWの前身となっています。オートバイでも自動車でもBMW製の乗り物にすべて青と白のエンブレムが取り付けられています。これは前身が航空機会社であったことを意味します。青は「空」で白は「プロペラ」。大空で回転するプロペラを意味するBMWエンブレムの由来は、この当時の歴史を知れば理解することができます。



さて、当初、ミュンヘンにあった本社は1917年にバイエルンに移転することになります。その際に社名の変更が行われ、現在のBMWという会社が誕生します。ちなみにBMWとは「Bayerishe Motoren Werke」、訳すると「バイエルン・エンジン工業」という意味です。当初、航空機エンジンの開発・生産を手がけていたBMWでしたが、第一次世界大戦でのドイツ敗戦後、飛行機の生産を制限され、BMWは航空機ではなく、オートバイ生産へと目を向けはじめます。
初のBMWブランドのバイク
水平対向エンジン搭載の「R32」

BMWがモーターサイクルを生産しはじめたのは1923年の「R32」からですが、モーターサイクル用エンジン製作はそれ以前から行っていました。「M2B15(※「M」は『モトレーン』、「2」は『2気筒』、「B」は『ボクサー』をあらわす)」と呼ばれる493ccのサイドバルブエンジンです。1920年にBMWが生産をはじめたこのエンジンは複数のメーカーに供給され好評を博します。「M2B15」の製造経験は後にBMWがボクサーエンジンの開発を行う際に多いに役立ち、モーターサイクルメーカーとしてのBMWの礎を築いた重要なモデルだといえるでしょう。


そしてついにBMWは、自社ブランドで販売するオリジナルエンジンの開発を手がけます。開発リーダーのは、現代でもその名が知られている偉大なるエンジニア『マックス・フリッツ』。航空機エンジンの開発設計ですでにその名を知られていた彼は、モーターサイクル用のエンジン開発に抜擢され、その基本設計がその後80年以上たっても受け継がれるエンジンを生み出すことになります。そうして誕生したのがBMWのファーストモデル「R32」です。現在まで受け継がれている「水平対向2気筒、シャフトドライブ」の基礎はまさにこの「R32」からはじまりました。現在までその基本的な部分が変わらない、それは技術革新が行われ続けてきたモーターサイクルの世界では驚異的なことと言えます。…少し話が逸れましたが、この「R32」は1923年12月に生産が開始されました。R32はエンジンの信頼性の高さ、シャフトドライブのメンテナンス性の良さなどが評判を呼び、BMWの名を世界に広めることに多いに貢献しました。



えぇ、歴史がすごいんですがね?

で、先ほどご紹介のバイクってこんなん↓

f0056935_2021935.jpgBMW R69 (1955-60)
●R69 主要諸元●エンジン 空冷4サイクル水平対向2気筒OHV ボア・ストローク72×73mm 総排気量590cc 圧縮比8.0 最高出力35ps/6,800rpm 最高時速165km ●変速機 4段リターン 変速比①5.33 ②3.02 ③2.04 ④1.54 最終ギヤー比3.18(サイドカー用 4.25) ●寸法 全長2,125 全幅0.722 全高0.725(各m) 乾燥重量202kg 燃料タンク容量 17リットル オイル容量2リットル タイヤサイズ フロント3.50-18 リヤ4.00-18 ●価格 3,950マルク

 R68の後継モデルが、R50同様の足まわりをもったR69である。最高出力はR68の35馬力と同じだが、発生回転数は200rpm低い6,800rpm。ハンドル左側にレバーを持つ手動進角付、乗り味はマニア向けで165kmをマーク。当時の最速スーパースポーツ車。



って由緒あるバイクなんですがね?

えぇ、そんな由緒あるバイクのですよ?

えぇ、整備内容はタイヤ交換♪


でですよ?

えぇ、店長さんも気になるんでちょっと見てたらですよ?

えぇ、後のタイヤどうやって外す?って感じですやん!

えぇ、フェンダーがアメリカンみたいにタイヤにかぶさってる?

って…見てたらですよ?


















「おっ!おぅ~!」


店長さんちょっと感動しきりなんですがね?


えぇ、ホイール付けたり外したりってこんなんなってるのね?

で、こんなん↓

f0056935_20105665.jpg



「フェンダーが


ポップアップですやん!」




えぇ、店長さん本当にこのフェンダー凝ってるよな~って関心ですやん!

えぇ当時の設計者の方も後のことまでちゃんと考えて作ってるんですがね?

えぇ…店長さん疑問に思ったこと一つ…

えぇ、整備するのに便利なポップアップ!
えぇ、タイヤ外すのにフェンダー外さなくても良いようにポップアップ!

ポップアップするのは良いんですがね?

















一人でタイヤ交換するときですよ?


「誰がポップアップ




フェンダーを




持っときますのん?」






えぇ、タイヤ交換のときは両手ふさがりますやん!


えぇ、まさにコレってですよ?









「八方塞な事実!」


えぇ、店長さん豊君にそう言ったらですよ?


えぇ、あ~そんなん一人で出来るよ!

って簡単に言うんです…




でも見たところストッパーは無いし、

もちろんステキなダンパーも付いてる様子はないし…

えぇ、豊君に聞きましたやん…














「本当に一人で




出来るん?




天井に吊るすとか




無しでよ?」

















えぇ、豊君の解決策はこう!ですやん↓


f0056935_2020597.jpg



ん?!
























横からカモン↓

f0056935_20204843.jpg





「おっ!おぅ~」















えぇ、たまにはですよ?豊君…


「頭も使ってるご様子!」


ちなみにななめからカモン?↓

f0056935_20431095.jpg








えぇ、店長さん豊君に「脱帽な事実!」



でも、BMW店長さん褒めてばっかりなんですがね?

えぇ、店長さんから一言!


当店はですよ?バイパスホンダですやん!




そこの所よろしくカモン!

って言うか、それでも!いろんなバイク触ってますやん!

えぇ、お客さんの趣味もイッパイですからね?

えぇ、いろんなメーカーさんどーんとこんかい!な感じでですよ?

えぇ、店長さんあまり気にしてないんですがね?

えぇ、ハーレーだけはちょっとご勘弁を…





えぇ、店長さんのお客さんもハーレー持ってたりするんですがね?

えぇ、悲しいかな悪い所わかってもどうしようもないですやん…

えぇ、アメリカンってですよ?















「本当にですよ?



悲しいかな



インチネジですやん!」




えぇ、ぜんぜん工具合いませんやん!

えぇ、申し訳ないですがハーレーはハーレー専門ショップが間違いなく良いカモン!

って言うか、多分要領とか、コツがあるはず!

えぇ、店長さんハーレーさわったこと無いんでですよ?

えぇ、もちろんいい加減なこともしたくないんでですよ?

えぇ、自信の無い時ははっきりとですよ?







「やんわりと



お断りしてますやん!」



えぇ、そこの所もご理解カモン!


えぇ、まあ、なんにせよ、困ったことがあったらとりあえずご相談カモン!

でもね?今ね?店長さん所ね?


困ったことに…



















「修理満員御礼!」

f0056935_2037197.jpg


えぇ、修理者が入るスペース無くなっちゃった…


まあ、修理の際はご相談カモン!




では、今日は結婚記念日なんで帰りますやん!

えぇ、ご覧の皆様も御帰りの際はクリックおねがいしますやん!

青文字ポチッとすると店長さん喜びますやん!
下の投票!よろしくお願いいたします。今日は記念日?
↓クリックカモン♪↓
人気blogランキングにポチっと投票♡


さようなり。
by bphk | 2007-02-11 20:43 | 日記 | Comments(0)
<< 来週はピクニック気分?ですやん! ただいま、でてこんかい中!ですやん! >>