訃報

みなさんこんばんは、バイパスホンダの山下です。

バイクレースファンの方ならご存じかと思いますが、ファウスト グレシーニ監督が
先日亡くなったとの一報で絶句しました…

以前より発症して快方に向かってると聞いてたのですが…

訃報_f0056935_09530537.jpg

ファウスト・グレシーニは1983年から1994年まで12年間、ロードレース世界選手権125ccクラスに参戦したライダーだ。1985年と1987年に2度のチャンピオンに輝き、通算21勝を含む47度の表彰台を獲得した。

 現役引退後の1997年には、グレシーニ・レーシングを設立して500ccクラスに参戦し、初年度にアレックス・バロスが表彰台を獲得。1999年からは250ccに参戦し、2001年に加藤大治郎が11勝をマークしてチャンピオンに輝き、翌年は加藤をMotoGPクラスに参戦させた。

 そして2003年の開幕戦日本GPで加藤がレース中のクラッシュで亡くなるが、次のレースでチームメイトのセテ・ジベルナウが勝利し、チームとして最高峰クラスで初優勝を達成した。2003年と2004年はセテ・ジベルナウがランキング2位となる活躍を見せたほか、2010年にはMoto2クラスでトニ・エリアスがタイトルを獲得。Moto3クラスでは2018年にホルヘ・マルティンが王者となった。

 現在は、MotoGPクラスにアプリリア・レーシング・チーム・グレシーニとして参戦しており、Moto2クラス、Moto3クラスにもグレシーニ・レーシングとしてエントリーしている。

訃報_f0056935_09531751.jpg

 また、日本人ライダーでは、上述の加藤のほか、清成龍一、中野真矢、青山博一、高橋裕紀がグレシーニ・レーシングでレースを戦った経験がある。

レース界において多大なる功績を残して頂き、日本の選手を育てて下さり本当に感謝しかありません。

もちろんコロナで亡くなられた方々もいらっしゃいますが、知ってる方の他界は…
今日本もまだまだ先が見えない所です。
今ワクチンも日本に入って来てはいますが、今出来る事は手洗いとうがいを徹底するしかないのですが…

とにかく今は皆さん色々と辛抱の時期だと思います。

ファウスト グレシーニ様並びコロナで亡くなられた皆様に心よりご冥福をお祈りいたします。

令和3年 2月25日 山下 清一



by bphk | 2021-02-25 19:11 | 日記 | Comments(0)
<< 奇跡的にCT125の即納車!で... お得も終わりに近づいて?ですやん! >>